PROFILE

2016年、津軽三味線奏者の伊藤ケイスケが自身の単独ライブのバンドメンバーとして声をかけたメンバーにより2017年3月から正式に「雷切」のバンド名で活動を開始。

尺八の岩田卓也と共に、和楽器がもつテイストを基本として、佐田慎介のギター、越阪部智彦のウッドベース、根布谷"NELLO"光輝のパーカッションを交え、日本の伝統にとらわれることなく、ジャンルや国を越えた音楽を奏でるアコースティックバンド。

メンバー

MENU